つくばリポジトリのコンテンツの利用について

つくばリポジトリに登録されているコンテンツの著作権は,執筆者,出版社(学協会)などが有します。
つくばリポジトリに登録されているコンテンツの利用については,著作権法に規定されている私的使用や引用などの範囲内で行ってください。
著作権に規定されている私的使用や引用などの範囲を超える利用を行う場合には,著作権者の許諾を得てください。ただし,著作権者から著作権等管理事業者(学術著作権協会,出版者著作権管理機構など)に権利委託されているコンテンツの利用手続については,各著作権等管理事業者に確認してください。
 

WEKO

筑波大学出版会 (University of Tsukuba Press)利益相反とは何か : どうすれば科学研究に対する信頼を取り戻せるのか
WEKO EXPORTPRINT PREVIEW
医療関係者や研究者の倫理観の欠如や認識の不足が引き起こした問題が、近年、クローズアップされている。日本社会では、とりわけ組織の利益や存続が優先されるあまり、「利益相反」の問題が深刻化するという特徴がある。しかし、「利益相反」の何たるかを正しく理解している医師、研究者や大学教員は、残念ながら極めて少数である。本書では、活発な研究を行えば生じることのある「利益相反状態」を、「避ける」のではなく「適切にマネジメントする」ことの重要性を、具体例を交えて解説する。

つくばリポジトリでご覧いただける範囲:
表紙、目次、奥付のほか、はしがき、あとがき、著者略歴をご覧いただけます。

発売元:
丸善株式会社出版事業部
(https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/b300562.html)


 

Language


日本語 | English

お知らせ

学位論文のインターネット公表について(日本語 / 英語
学位論文のインターネット公表と論文提出前の確認事項を、大学院生向けにわかりやすくまとめたものです。

平成29年度以降に学位授与された博士論文にDOIを付与します
DOIについてはこちらをごらんください。

「筑波大学オープンアクセス方針」を採択しました
学内の教育研究成果を網羅的に収集し、本学認知度の向上をはかり、社会的貢献及び学術研究の発展に寄与するものとして、筑波大学オープンアクセス方針を採択しました。
この方針により、本学における研究成果は「筑波大学学術機関リポジトリ」への登録によって公開されます。

筑波大学オープンアクセス方針


リポジトリ出張説明会(2016年10月~)
つくばリポジトリに興味はある、けど図書館で開催される説明会には時間が合わず参加できない……。
そんな教職員の皆さんのために、出張説明会を開催します。
日程・会場・対象人数はご希望に合わせて調整しますのでご相談ください。
詳しくはこちら(PDF)

アクセス統計メールについて
リポジトリのコンテンツアクセス数、ダウンロード数について「利用統計レポート」という件名で統計メールをお送りしています。
もし統計メールをご不要の方は受け取ったメールの件名に「ダウンロード件数メール不要」と入れて返信してください。統計メール送信を停止します。
ご不明の点は voice@tulips.tsukuba.ac.jp までご連絡ください。
 

Counter

36928062

Online status

オンラインユーザー263人